詳細

リブリツェ城 Liblice Château

バロックの真珠

中央ボヘミアの穏やかな田園地帯に佇むリブリツェ城は貴族の様な結婚式を挙げるのに最適な場所です。

リブリツェ, プラハ近郊
1年中

イタリア人建築家ジョバンニ・バティスタ・アリプランディによって1699年にデザインされたリブリツェ城は純粋なボヘミアのハイバロック田園建築の一つです。18世紀後半に増築されたセレモニーエントランスは、お城の正面玄関から続くシンメトリーの中庭を経由しています。南には大きなフレンチガーデンと狩猟保護区があります。本館は3階建てです。大理石のマーブルホールには、建物の2階分に相当する高さにネオルネッサンスの天井壁画があり、これらを囲んでいる建物中心部の楕円形のスペースからは各部屋へと容易にアクセス可能となっており、1階にはバロックレストランがございます。マーブルホールのある建物の両サイドには翼の様に構築されている部屋があり、こちらは客室としてご宿泊していただけます。

挙式は、通常マーブルホールにて執り行われますが、サマーシーズンには庭へ移動することもできます。挙式後は、シャトー内のレストランにて披露宴を行い、そのままご宿泊していただけ、更にスパもございますのでゆったりとお過ごしいただけます。狩猟保護区での乗馬、生演奏による室内楽、古典フェンシングショー、ジャグラーなどの大道芸、その他歴史的なプログラムが手配可能です。リブリツェ城はプラハから約30Kmに位置しています。

さらに詳しく 詳細を閉じる

モデルスケジュール

We are flexible.

Day 1

Day 2

Day 3

こちらもぜひご覧ください